アトリエ第Q藝術の旅

小田急線、成城学園前駅のほど近く。 多様な創作活動のための空間、アトリエ第Q藝術。 1階ホール、地下セラールーム、2階カフェギャラリーの3つの空間があります。 そんなアトリエの過去の記録、現在の様子、今後の予定などを発信していきます。

9月の声を聞いた途端、急に涼しい風が吹いてきました。
そのせいというわけでもないでしょうが、スタッフの早川がちょっと体調を崩してしまいました。
皆様は季節の変わり目に風邪などひきませんよう。

さあ、アトリエ第Q藝術もオープンまで後わずか!準備に大忙し!中でも今一番大変なのが2階のカフェ&ギャラリーに関してです。
まずは肝であるアトリエ部分をきちんと準備、カフェ&ギャラリーはそれから………、なんて言っていたらいよいよオープンが近づいてきちゃっててんやわんやです。

では2階の施設はどこまでできているのか?
IMG_1014
どうです、だいぶカフェらしくなってきたでしょ?
厨房の設備も発注済み、客席のテーブルや椅子、食器類も購入済み。
ギャラリーとして、絵や写真を飾ることを前提に、壁面も増やして色も白に統一しました。
カフェ&ギャラリーの名前は「Quo vadis」。
クオ・ヴァディスと読みます。
聖書に由来する言葉で同名の古典小説もあります。
意味は「どこへ行くのか?」
様々なアーティストの様々な世界をご覧いただくお店という意味を込めて名付けました。

「カフェ&ギャラリー Quo vadis」
こちらもオープンはアトリエと同じ9月9日の予定です。

しかし、ギャラリーというからには展示する作品がなくてはいけません。
というわけで、9日から、こけら落とし展覧会を開催します。
image1
それが、工藤大輔個展 「REGINA」です。
9月9日〜9月30日 毎日14時〜18時
入場料金はありませんが、カフェですのでご注文をお願いします。
アトリエのこけら落とし同様、こちらもどうぞご期待ください。

………なんですが、本当の本音を言えば、9日にカフェの開店が間に合うか、ギリギリの情勢です。
というのも、仮に準備が間に合ったとしても、保健所の営業許可が取れるか?という問題もあるわけでして、自分たちの努力だけでどうにかなる問題でもなかったりもするのです。
もし開店が間に合わなかったら?
その場合でも、9日より展覧会は開催します。ただし、カフェ営業はナシってことになるかもしれません。
その場合はどうぞお許しください。
ともかく、全力でその日まで(いや、その後もですが!)頑張ります!

今後ともよろしくお願いします! 

8月ももうすぐ終わりですね。今年の夏は暑く、そして早かったなー

その8月最終の金土日、アトリエ第Q藝術の最終プレ公演が無事終わりました。
3日間4ステージに多数ご来場いただきましてありがとうございました。
IMG_1007
井上さん、入り口、間に合うように仕上げてくれてありがとう。 
前回の記事で間に合わないだろうなあとか書いてすまんかった。
IMG_1001
今回はお芝居ということで、結構建て込んだ舞台を作りました。
前回の記事の写真と比べてみてください。
あのガランとした1階ホールもセットを作ればここまで雰囲気が変わります。
舞台の両サイド、役者さんが出入りするいわゆる「袖」と言われる部分は、秘密兵器「屏風」を使いました。
みなさんわかりますか?屏風。時代劇なんかで飾ってある、パタパタと折れ曲がるあれです。
このアトリエは以前は日本画家の制作室だったことは以前お伝えしたと思いますが、白紙のままの屏風が残されていたのです。
これからも屏風は他にはない第Q藝術の特別な備品です。

そして本番中の様子はこんな感じ。
夫と妻ss
2階建てですよ。しかも2階部分に開閉可能なドアを建て込みました。
セットの高さ、広さはこれぐらいまで行けます。
使い方次第で色々なことができますよ。
IMG_1006
舞台側から客席を見るとこんな感じ。
上の方に見えるのが音響、照明スタッフです。オペレーションルームはこんなところにあるのです。
IMG_1011
そして本番が終わればあっという間にセットはなくなり、あとはその場でささやかな打ち上げとなりました。
跡形もなく消えていくこの儚さが、芝居の楽しさでもあり、物悲しさでもあるような気がします。
後ろの壁に立てかけてあるのは舞台や客席を立ち上げるための平台などです。
今回の芝居に合わせて作りましたが、今後も汎用的に使っていくための第Q藝術の備品です。
今回の公演ではだいぶ備品を増やすことができました。

これにて、すべてのプレ公演が終わりました。
おかげさまで、色々なことを試すことができました。足りない点もいっぱいわかりました。
次はいよいよ正式オープンです。
全てが充足するとはとても言えないですが、精一杯、準備して皆様をお迎えしたいと思います。

頑張りますよー!
よろしくお願いします!

 

週末は大荒れの天気でした。
アトリエ第Q藝術のある世田谷では雹まで降りました。
そんな中、オープンに向けて慌ただしく準備しております。
なんかもー、やらなきゃならないことがいっぱいで、時間との戦いの様相を呈しております。

そして、この週末には最後のプレオープン公演、
「ダブルエッジ2017 夫と妻とスーパースター」
が上演されます。
夫と妻と チラシ小


今回はお芝居の公演です。お芝居は必要な準備が今までに増して多いのです。
照明も音響も舞台装置も入ります。
では、アトリエ第Q藝術、どこまで準備が進んだのか?
IMG_0996
入り口は現在こんな感じ。
だいぶ綺麗に整えられてきました。
ドアの周囲にはレンガ飾りが………、これはプレオープンまでには貼り終わらないだろうなあ(笑)

IMG_0997
そして一階ホールはこんな感じ。
いよいよ「アトリエ」という言葉に負けない雰囲気が出てきました。

床はしっかり床板が貼られ、そこにオイルステインを塗り込み、さらにコーティング剤で表面仕上げしています。
壁はこのまま行きます。お芝居の舞台側は暗幕を吊るす予定です。
天井には照明機材がぶら下がり始めました。
この辺の機材はまさにこの前まで募集していましたクラウドファンディングの資金(が確定したので後から補填されるのをあてにしての自腹)で用意したものです。皆様のおかげです。ありがとうございます。

さて、今回のプレオープン公演はお芝居………、とご案内してきましたが、正確にはお芝居だけではありません。
お笑いプラスお芝居です。
ダブルエッジは漫才もやっているので、その関係で数組の芸人さんが出演します。
現在決まっているのは以下の通り。

8/25(金)19:00 キャッツ わっしょい原人
8/26(土)14:00 エクセレント 
8/26(土)19:00 エクセレント クランピション
8/27(日)14:00 エクセレント わっしょい原人
※ダブルエッジはすべての回に出演します。

一体どんな舞台になるのか?
ちょっとだけ、稽古の様子などが見られる動画がこちらにありますよ。
よろしければご覧ください。

チケットは¥3000-
ご来場の日時が決まりましたらご予約いただけると助かります。
ご予約はこちらから。(もちろん、予約なしでも入れます)
皆様のご来場をお待ちしております。

今後ともよろしくお願いします。

このページのトップヘ