アトリエ第Q藝術の旅

小田急線、成城学園前駅のほど近く。 多様な創作活動のための空間、アトリエ第Q藝術。 1階ホール、地下セラールーム、2階カフェギャラリーの3つの空間があります。 そんなアトリエの過去の記録、現在の様子、今後の予定などを発信していきます。

相変わらず、日々ちょっとづつ、亀の歩みで作業を続けています。
「アトリエ第Q藝術」は、前回お伝えした通り、既存の建物を転用してアトリエを作る計画です。
新たに柱を立てるとか、部屋を増やすとかといった改築、増築レベルは正直、今のぼくらの懐具合じゃできません。
壁に穴をあけるとか、部屋の飾り変えをするといった改装が限界です。
それもできるところは自分たちで、どうしても難しい部分は最低限業者を入れて、なんとかしていこうという計画です。

ざっくり時系列で言うと
1、片付け
2、改装
3、飾り付け、機材設置
 みたいな流れで考えてまして、現在は「2」の改装の段階です。
ここはプロにお任せする段階です。
で、その間に「3」の準備などを進めようと言う考えです。

改装工事はすでに先月後半から始まってまして、まずとにかく解体する部分を解体してしまおうと言う感じで進めてきました。
これはなにぶん古い建物なので(築30年は超えてる)、図面なども残っておらず、色々と開けてみなけりゃわからない部分(配線、配管など)が多い、と言う理由によります。
 で、先日とりあえず大部分の床と天井を剥がし、さあこれから作っていくぞ、という段階に差し掛かりました。
 こちらもこれからは夢ばかりを語るのではなく、具体的なイメージを考えて伝えなければなりません。
IMG_0851
メインの1階大アトリエは、天井を剥がした結果、想像以上に高さが上がりました。
今はもうすっかり壊れて使えなくなっていたエアコンのダクトがぎっしりと這い回っていたのですが、それを全て外した結果、60センチ以上上がったんじゃないでしょうか?
なかなか開放感のある、いい空間になりそうです。

そして頑丈な鉄骨が出てきました。
天井には照明機材を吊るすためのパイプが必要なのですが、それは鉄骨と鉄骨の間を渡すように設置できるだろうと結論が出ました。
写真は照明を釣った時のイメージを確認している様子です。
床から鉄骨の下までで約3m40㎝あります。そこから照明を吊るすのでもうちょっと下になりますが、まあ床から明かりまでざっくり3mは取れるんじゃないでしょうか。

他にも床をどうするか、通用口は?換気は?エアコンは?入口の防音扉は?トイレを増やす?など考えることはいくらでもあります。
完成形をイメージしつつ、かつ、あまりかっちりしすぎない、使う人によって色々な使い方が浮かび上がってくるような、創造力を刺激するような場所になるようにしていきたいと思います。

アトリエ第Q藝術になる建物はもともと30年以上前に、日本画家、高山辰雄のアトリエとして作られた建物です。
その後は物置になったり、劇団の稽古場になったり、一部を借家として貸し出したり、と言った変遷を経て、 現在に至ります。
 当初はその内部は時間とともに溜まった不用品やゴミでいっぱいでした。
また、建物自体も長い年月と、メンテナンスの不備により、傷んでいました。
アトリエとして様々な用途に利用できる施設にするためには、まず片付け、補修し、それから新しい用途に合わせて一部改装を行わなければなりません。

2月にここをアトリエにしようと動き出した当初は、まずゴミとの格闘でした。
知り合いの皆さんのお力を借りながら、内部の整理、片付けを行なっていきました。
ある程度片付けが終わった段階で5月4日には最初のプレ公演。
 その後、改めて補修、改装のポイントを具体的に計画し、
5月下旬からいよいよ本格的に業者を入れ、工事に入っています。

ではこの3ヶ月で どれほど変わったのか?
tika69
下から順番に紹介しましょう。
まずはサブの小アトリエになる予定の、地下の様子です。
地下は当時書庫の様相を呈していました。
何本もの本棚が所狭しと並び、主に絵画関係の、大きく重たい本がぎっしりと詰め込まれていました。
左の写真でも既に相当作業の進んだところで、本棚を解体、撤去した3月後半の様子です。
それらをすべて整理し、傷んでしまっていたカーペットと床板の一部を剥がしたのが右側。現在の状態です。
ここから床を直す予定です。壁は結構綺麗なので、若干の補修ですみそうです。
 
1f69
次が1階。メインの大アトリエです。
ここは芝居の稽古場だった時の荷物が溢れかえってました。
鉄パイプで足場も組んでいました。
たくさんの方が代わる代わるお手伝いに来てくださり、そのお陰もあってほとんどの荷物、鉄パイプを廃棄、撤去することができました。
その後業者にお願いして天井も剥がしました。
これで天井の高さも上がり、アトリエとしても使い勝手はグッと増したはずです。
また、荷物の奥に埋もれていたピアノなども発掘できました。 
メンテナンスしてなんとか、アトリエでも使っていきたいと思っています。 
 ここも床を直します。それから天井に照明機材などを吊れるよう、パイプも設置します。
壁は一部剥がれているところを直した後、全体を塗り直します。

また、1階は写真はないですが、他にも部屋がいくつかあり、エントランスの改装やトイレの増設など、多数の改修ポイントを抱えています。

2f69
そして2階、カフェギャラリーの予定地です。
こちらは直前まで住居として使っていたフロアです。
そのため、もともとほとんど問題ない、綺麗な状態でした。
わずかにカーペットだけ剥がして現在に至ります。 

綺麗ではあるんですが、写真に写らない問題点として、防音の問題があります。
1階と2階は(特に1階の天井を剥いだこともあり)現状ほとんど音が筒抜けなのです。
完全に防ぐのは難しいでしょうが、ある程度の対策は必要です。
そのために、床には防音マット、カーペットなどを設置していく方針です。 

まだまだ作業は山積みですが、これからこの建物がどうアトリエとして生まれ変わっていくか、引き続きよろしくお願いします。

9月オープンを目指す「アトリエ第Q藝術」。
それはどんなところか?
今日は少し建物自体をご紹介させていただきます。

「アトリエ第Q藝術」は、小田急線の成城学園前駅すぐそばです。
成城学園前は、新宿から急行で20分程度。下北沢からなら7〜8分でしょうか。
成城学園前の駅で降りたらあとはもうすぐ。徒歩2分の距離です。
qmapmini
地図をご覧いただければわかる通り、北口、南口、どちらからでもほとんど距離は変わりません。
改札を出て、商店街を歩いて新宿方向に回り込み、駐輪場の間の道を抜けると見えてくる、
瓦屋根、白い壁の一軒家が、「アトリエ第Q藝術」です。
qgaikanmini
そもそも第Q藝術の計画は、住宅だった建物を、改装してアトリエにしようという企みなのです。
なので外からの見た目はまんま、一軒家です。
この写真のもう少し奥、白い塀の先に入口を作る予定です。(今はまだそのまま塀が続いています)

建物の中は3フロアあります。
地下1階、1階、2階です。
1階が第Q藝術のメインのアトリエになる予定です。一番広く、自由に使えるアトリエです。
地下1階は、それに比べると少し狭いですが、雰囲気があり、使い方によっては面白くなりそうです。
2階はもともとキッチンがあったので、それを活かしてカフェギャラリーのような使い方を考えています。

この3フロアを使って、様々な形態のアートを、ダイナミックに展開していく。
そしてそれらが混ざり合い、刺激しあって、新たな「Q」番目の藝術を生み出していく。
それが「アトリエ第Q藝術」の目指すところなのです。

次回は建物内部の現状をお伝えしたいと思います。


 

このページのトップヘ