アトリエ第Q藝術への道

小田急線、成城学園前駅のほど近く。 多様な創作活動のための空間、アトリエ第Q藝術。 2017年9月に予定するオープンまで、 ニュースや出来事、思ったことなどを発信していきます。

食品衛生責任者講習行って来ました。
IMG_0883
 飲食店に必ず貼ってある青い「責任者」っていうプレートのやつです。
飲食店やるためには一人は必要な資格です。2階をカフェギャラリーにするために取得して来ました。
また一歩前進です。

それはさておき、今日はプレ公演のお話です。
「アトリエ第Q藝術」は9月オープンに向けて準備中ですが、その前に、様々なテストも兼ねていくつかのプレ公演を予定しています。
第1弾はすでに5月4日に行いました。
CCF20170502
「舞踏病」という以前キッド・アイラック・アート・ホールにて催されていたシリーズ企画です。
早川との関係もあり、そのvol.5を第Q藝術でやれないかと打診をいただき、色々と不備もありますがそれでご理解いただけるなら、ということで挙行しました。
この時点ではまだ改装工事も始まっておらず、片付けもままならず、3つあるフロアのうち観客を迎え入れられるのは一番こぎれいな2階しかないだろうということで、本来はカフェギャラリーになる予定の2階で公演を行いました。
行き届かない点も多い公演でしたが、おかげさまで大勢のお客様に来ていただけまして無事成功裏に終えることができました。
また、同時に問題点も把握できました。音漏れの関係などで今後2階では基本的にイベントは無理だろうということになりました。後にも先にも1回だけの特別公演でした。
この時の様子の一部はyoutubeにも動画があるようです。ご興味お持ちの方は「舞踏病vol.5」で検索してみてください。

そして、次のプレ公演が決まりました!
今度は、蜂谷真紀さんとその仲間のミュージシャンの皆さんによる音楽ライブです。

タイトルは「みんなでQ」
 
出演は蜂谷真紀さん(voice,p)をはじめ、森重靖宗さん(cello)、横山祐太さん(trumpet)、村田直哉さん(turntable)、Maresukeさん(contracello)です。

7月31日20時から!(会場は19時半より)
チケットはお一人様3000円!
ワイン&おつまみ差し入れます。とのことです。

詳しい情報は蜂谷真紀さんの公式サイトからご覧ください。
スケジュールのところに載ってますよ! 

今回は1階のメインホールをご覧いただけると思います。
 大工さんにはとにかく1階だけは7月中に仕上げて欲しい、何を差し置いてもエアコンだけはつけて欲しい、とお願いしています(笑)

ただ、今回内壁の塗装はお願いしてないんです。自分たちで塗る予定にしてるんです。
ですから、それが間に合うかどうかは、率直なところわかりません。

そしておそらく、新しい、正式のエントランスからお迎えできると思うんです。
ただいま絶賛工事中です。
IMG_0884
さて、どんな会場でのライブとなりますか………

虫のいいお願いではありますが、ライブの内容とともに、変化していく「アトリエ第Q藝術」の様子も楽しんでいただけたらと思います。
おっかなびっくり、お楽しみにお待ちください。

今後ともよろしくお願いします。 

暑いところに雨が降って蒸し暑い日々です。
今週のアトリエは、工事が中心で、それ以外の動きがあまりありません。
床板を何にするとか、ドアをどれにするとか、 そういう打ち合わせは色々あったりしますが、基本的には大工さんにお任せでこちらは進捗を見守るだけです。
ただ、その中でうれしい発見がありました。
アトリエの建物は、何せ古いので図面がなく、詳細がわからない部分がいくつかあったのです。
IMG_0865a
例えば、この写真、写真自体は前回の記事で載せたものですが、ピンクで色をつけた部分は実は地下に掘り込みがあるのです。
 壁に沿ってずっと細長く、人が一人通れるぐらいのちょうど通路のような溝があるんです。
例えばお芝居なんかをやると想定した場合、お客さんから見えない通路を通って舞台の反対側に回り込むことなどができるので、 こういう隠し通路があるとすごくやれることの幅が広がるわけです。
これはたまたま別の理由でこの建物に元からあったものなのですが、これがうまく利用できるといいなあ、と考えていました。
問題はこの溝の端がどこまであるか?
この写真でいうと左側の先が楽屋になる予定です。
楽屋の床から地下に降りられれば最高!なのですが、そこには畳が敷いてありました。
降りるためには新たに穴を開けないとならないかなあ、しかし床に穴を開けると強度とか色々問題が起こるだろうし、大きな工事になっちゃうかなあ、と気を揉んでいたのです。
が、この度、畳をはいでみたところが、
 IMG_0873
なんと!バッチリ穴が開いておりました!
 これで楽屋から直に地下に降りられそうです。
これはアトリエの自由度、使い勝手をグッと向上させそうです。
いや〜、大発見、嬉しい発見です。 

 いいアトリエにできそうだなと、嬉しい予感を感じています。
さて、どうなっていくか?これからも随時、発信して行きますので、どうぞよろしくお願いします。 

都議会選挙が近いそうで。
今日、アトリエのポストにも選挙公報が入ってました。
とりあえずなんて人が出てるかすらも把握してないから助かるや。
そんな、選挙カーの声が聞こえてきたりする世田谷区からお届けしています。

IMG_0860
 先週の5月21、22両日、秋葉原で防火・防災管理講習を受けてきました。
9時から5時までみっちり講習でした。
色々と知らないことや、わかってるつもりでよくわかってないことを教えてもらい、それはそれで面白かったですよ。長かったですけどね。
無事、防火管理者の資格も取れたので、アトリエの各種届け出、運営などにも役立つと思います。

一方、先週から改装工事も本格化しています。
1階、地下ともにそれぞれ進んでいます。
IMG_0865
こちらは一階。壁に空いていた穴が、真新しい板で塞がれていきます。
以前のどんなアトリエにするか? の記事中の写真と見比べてもらえば、進捗状況がわかると思います。
 IMG_0861
そして地下。なんか現代彫刻っぽい(笑)
実際ははがした床板が山になってるだけですが。
実は地下の床板は、長年ほっぽってあったためか一部が腐っており、心配していたのです。
床板の下にはコンクリートの基礎がうってあるのですが、例えばそのコンクリートに亀裂ができてそこから水が上がってきている………とかだった場合は工事が長期化、大規模化してしまいます。
どうだろう?と恐る恐る床板をはがしたところ、幸いコンクリートの基礎はしっかりしてました。
大工さんによると、床板が腐ったのはエアコンの配管周りにつく水滴が元じゃないかとのことでした。
というわけで、床板さえ取っ払ってしまえば大丈夫 。土足で出入りすることを考え、この際コンクリむき出しの床でいいんじゃないか?という話をしています。
 
という感じで工事は順調に推移してます。が、クラウドファンディングの準備などがちょっと遅れ気味。
今週はアトリエ以外の仕事があったりして打ち合わせの時間があまり取れてません。
頑張らねば!

今後とも宜しくお願いします。 

このページのトップヘ