アトリエ第Q藝術の旅

小田急線、成城学園前駅のほど近く。 多様な創作活動のための空間、アトリエ第Q藝術。 1階ホール、地下セラールーム、2階カフェギャラリーの3つの空間があります。 そんなアトリエの過去の記録、現在の様子、今後の予定などを発信していきます。 文芸、音楽、絵画、演劇、建築、彫刻、舞踏、映画 ≦ 第Q藝術

台風が通り過ぎて行った東京。
場所によっては激しい爪痕を残して行ったりしたようですが、皆様ご無事でしょうか?
アトリエ第Q藝術は庭の鳩も含めて無事に切り抜けました。感謝。

早いものでもう8月。
第Q藝術は9月オープンを目指して頑張ってます。

と、今まで言ってきたわけですが、この度、ついに、ついに!
正式にオープンの日取りとそのプログラムを発表いたします!

hashiQ-omo-fin

TAKUYA's LIVE 2017
生 愛 死 無 「人間なんてさっ…」

9月9日 19:00 橋本拓也(ダンス)+土橋靖子(席上揮毫)
9月10日 17:00 橋本拓也(ダンス)+土橋靖子(席上揮毫)+平間至(写真)
(開場は30分前) 
予約4000円 当日4200円 (予約優先・各回限定50名)

橋本拓也氏はダンサーであり彫刻家であり、その他にも色々な顔を持つ方です。
かつてキッド・アイラック・アート・ホールでも精力的にライブ活動をしていました。
そのシリーズタイトルが TAKUYA's LIVEでした。
キッドが閉館し、 止まってしまった時計の針が、第Q藝術のオープンと共に今また動き出すのです!
しかも単なる続き、焼き直しではなく、新しい試みをプラスして。

第Q藝術という名前に込めた意味、覚えておいででしょうか?
既存の枠に収まらない、第「Q」番目の芸術。
それを目指す場所がアトリエ第Q芸術。
橋本氏はその意を汲んで下さって、そのこけら落としにとんでもない挑戦をしようとしているのです。
 
ダンスと組み合わされるのはなんと、「書道」。
共演する土橋靖子先生は、日展などで活躍されている第一線の書道家です。
「席上揮毫」というのは耳慣れない言葉かもしれません。
お客さんの前で、その場で筆をふるう 、つまり文字を書くことを意味します。

「席上揮毫」と「ダンス」
筆で文字を書き、想いを表わす。それを受けて、肉体を踊らせる。
音楽に合わせて体を動かし、表現する。それを受けて、紙に筆を走らせる。

書とダンスの往復書簡。
 それを「生」「愛」「死」「無」という4つのテーマに沿って行おうというのです。
何か今まで誰も見たこともない、とんでもないものが生まれる予感がひしひしとしています。
ぜひその瞬間にお立会いいただければと思います。

 ご予約はメールで受け付けてます。
こちらから送れます。どうぞよろしくお願いいたします。

hashiQ-ura-fin


そして、
橋本氏の挑戦はこれだけでは終わらない。
hashi-Ten-omo-2-b
こけら落とし公演に続く一週間、アトリエ第Q藝術は文字通り「アトリエ」になります。
 橋本拓也氏が第Q藝術を自らのアトリエにし、自らの彫刻作品を含む私物に囲まれた中で彫刻を彫り、語らい、音楽を奏で、踊るのです。
橋本氏はこの期間にアトリエ第Q藝術の看板を彫ってくださるとのこと。
こちらは基本無料(一部イベントは有料)です。お時間のあるときに気軽にお尋ねいただき、激励の声などかけて頂ければと思います。
hashi-Ten-ura-b

 さ〜て、発表しちゃったぞ。
もう引き返せないぞ。
頑張ろう。
よろしくお願いします。 

みんなでQ
「アトリエ第Q藝術」7月のプレオープンイベント、
「みんなでQ」
おかげさまで無事終了いたしました。
参加いただいた皆様、ありがとうございました。
 蜂谷真紀さんはじめとする5人のミュージシャンによる即興音楽の楽しいひと時、第Q藝術の可能性がまたひとつ広がったのではないかと感じています。

さあ、次は8月のプレオープン、芝居公演「夫と妻とスーパースター」です。
よろしくお願いします。

そんな中、ちょっと嬉しいことがいくつか。
IMG_0967
クラウドファンディングのリターンなどのため発注していたクリアファイルの実物が完成しました。
第Q藝術グッズ第1号です。
簡単なものではありますが、 第Q藝術を知っていただく、また身近に感じていただくため、あちこちで配って行きたいと思っています。

IMG_0969
庭の木に鳩が巣をかけました。
見えますかね?写真中央。枝の上にガサガサっとまとまってるのが巣で、その上から鳩が首を出して ルところなんですが………
ツバメが巣をかけるのは吉兆と言われますが、鳩の巣もそれなりに吉兆みたいです。
平和の象徴ですしね。
前途は明るい!と思っておくことにしたいと思います。

こけら落とし公演の発表もほんのあとわずかでできると思います。
これからもよろしくお願いします。 

まだまだ暑い日が続く中、ようやくアトリエにエアコンつきましたー!
7月のプレ公演、「みんなでQ」が近づく中、なんとか間に合いました。ほっと一息ついてます。
「みんなでQ」についてはこちらをご覧ください。

さて、アトリエ第Q藝術、オープン予定日はどんどん近づいています。
現在の様子がこちら。
IMG_0963
塀の一部を取り去り、入り口が形になってきました。
ここから入って庭を横切り、正面の玄関から中へ入る構造です。
ただ、ご覧の通り基部のコンクリートがまだ残っており、これがバカにならない高さなのです。
よっこいしょとまたがなきゃいけない感じでとてもお客様に通れとお願いできる高さじゃありません。
プレ公演の際はまだここはご案内できないかもしれません。ギリギリまで工事の進捗状況を見ながら判断します。

これが建物部分、いわばハードにあたる部分の進捗ですが、アトリエの運用部分、いわばソフトの準備も進めています。
オープン後の使用料金の体系を決定しました。

▪️1Fホール使用料金(1日単位/10時〜22時)
月  ー休館日(連続使用の月曜日は応相談)
火〜木ー50000円
金・祝ー55000円
土・日ー60000円
(1時間使用プラン10000円×時間)
(2日以内のご利用の受付は使用日の3ヶ月前からとなります。)

▪️B1Fセラールーム使用料金(1日単位/10時〜22時)

月  ー休館日(連続使用の月曜日は応相談)
火〜木ー35000円
金・祝ー40000円
土・日ー45000円
(半日使用プラン10時〜16時or16時〜22時 25000円)
(1時間使用プラン6000円×時間)

ハッピーマンデー制度によって月曜祝日が増えた昨今、全日利用しやすい土日を中心に、その前後の金曜と祝日は、撤収なども考え料金を抑える体系にしてみました。

また、2階のカフェギャラリーについては今後の発表をお待ちください。

そして、この料金を元に、クラウドファンディングに新たなリターンを追加しました。
どういうリターンが皆様にご理解いただけるか色々検討する中、ツイッターやフェイスブックを通じてお寄せいただいたご意見を参考に、オープン後にアトリエの利用をお考えの皆様に向けた新たなプランを発表させていただきました。

その内容を簡単に説明すれば第Q藝術の利用予約です。
具体的な内容はクラウドファンディング説明ページをご覧ください。
クラウドファンディングはこちら。追加内容は活動報告にございます。

また、一部の方から、「応援はするけどクラウドファンディングはよくわからない」とか、「クラウドファンディングを経由せず、直接応援したい」というような声もいただいています。
クラウドファンディングに準じた内容で直接ご連絡いただければ対応しますので、メールやツイッターなどを通じてご連絡いただければと思います。
プレ公演などで実際にアトリエまでいらした際に、直接声をかけていただいても結構です。

アトリエ第Q藝術の活動にご賛同いただける皆様、よろしければお力をお貸しください。
よろしくお願いします。


そしてそして、
プレオープン企画だけではなく、正式オープン企画も水面下で着々準備中です。
IMG_0954
第Q藝術事務所に集まり秘密の打ち合わせをする3人、
左から第Q藝術ディレクター、早川誠司、中央は書道の土橋靖子先生、右はダンサー、ミュージシャン、彫刻家など、マルチに活躍する橋本拓也氏。
そんなバラバラな背景の3人が集まって、いったいどんな悪巧みをしているのか?
その全貌は………、発表まで今しばらくお待ちください。

そんな訳でまずは7月プレ公演「みんなでQ」にて、皆様にお会いできることを楽しみにしております。
どうぞよろしくお願いします!

 

このページのトップヘ