アトリエ第Q藝術の旅

小田急線、成城学園前駅のほど近く。 多様な創作活動のための空間、アトリエ第Q藝術。 1階ホール、地下セラールーム、2階カフェギャラリーの3つの空間があります。 そんなアトリエの過去の記録、現在の様子、今後の予定などを発信していきます。

2017年11月

もう11月も半分を過ぎてるじゃないですか。
すっかり寒くなって来ました。
2017年がもう40数日しか残ってないってどういうことですか?
時間の流れの速さにただただ驚くばかりです。

なんだか世の中も クリスマスムードになって来てる感じがします。
最近早くないですか?
ハロウィンの定着とともに、ハロウィン終わったらすぐクリスマス飾りっていう感じになって、繰り上がった感じがします。こんなに早くから街にイルミネーションついてましたっけ? 

まあ、華やかでいいですけどね。
と言うわけで、ささやかではありますが、アトリエ第Q藝術も入り口のライトを増やして見ました。
IMG_20171115_185104
特に向かって左側の木に注目!
IMG_20171115_185133
ちょっとだけイルミネーション。
 
そんなアトリエ第Q藝術の今後の予定は、
11月19日日曜日18時まで 森保香織個展「ひだりのほっぺた」(2階カフェ&ギャラリー)
  ただいま展示中の個展はいよいよ日曜まで!お見逃しなく!

11月18日土曜日19時 堤菜穂 カタックソロ公演(1階ホール)
  インド舞踊です!

11月19日日曜日 バルトローメ 詩 リサイタル (地下セラー)
  スペインの行為詩!第1部サロントークは13時から。第2部詩リサイタルは15時20分から。

そして翌週、
11月21日火曜日〜26日日曜日 Tsuin(ツイン)個展 「ねこ寝入り」(2階カフェ&ギャラリー)
  2階カフェは新たな展示になります。そしてそのカフェでは、

11月22日水曜日19時ごろ 毎週恒例ボードゲームナイト(2階カフェ&ギャラリー)
  1000円ワンドリンク付きで楽しくボードゲーム!
  今マクドナルドのハッピーセットのおもちゃが
  「オリジナルパーティーゲーム」になってるのをご存知ですか?
  気になったので買ってきちゃいました!
IMG_20171117_123222
  一緒に遊んでみませんか?お待ちしてます!

11月23日木曜日19時30分 はないけ×ギター即興ライヴ! (1階ホール)
  ギターの吉本裕美子さんと生け花の上野雄次さんによるセッション!
  い、いけばな?

11月24日金曜日19時 Orbital Link くじびき即興night @東京(1階ホール)
  何が起こるかわからないくじびき即興night!出演者多数!

という感じで続きます。
皆さんのおかげでちょっとづつ充実して来たアトリエ第Q藝術。
興味を惹かれるプログラムがありましたら、是非、足をお運びください。

よろしくお願いします。
 

だいぶ間が空いちゃいました。ごめんなさい。
イベントが続くとすぐ手いっぱいになってしまいます。

 今日は2階カフェの話。
えいいちさんの個展が終わり、今週は福原佳恵さんの個展です。
えいいちさんの個展はこんな感じ。
IMG_1218IMG_1232
  上が初日、下が最終日です。
個展が始まってからも日々展示数が増え続け、最終的には366枚!
開店2ヶ月にしてちょっと破れないような記録が生まれてしまいました(笑)。
とても楽しい個展でした。

そして今週の展示は福原佳恵さん。
IMG_1234
またまた雰囲気はガラッと変わり、おしゃれな、素敵な空間に彩っていただいてます。
ところで、テーブルの上に四角いものがあるの、気づきました?
IMG_20171101_160006
メニューが変わりました!
だいぶ品数も増やしましたよ! 
今回増えたのはアルコールとコーヒー。
アルコールはウイスキーを4種類、(おつまみも3種類)
そして今まで1種類だったコーヒーも3種類になりました。
それぞれ飲み比べてはっきりと違いがわかる、個性のある3種類です。
コーヒーのお供に「ちょこっとチョコ」という小皿も用意しました。
苦味のあるコーヒーに甘いチョコはとってもあいます。是非お試しを!

さて、話は戻って今回展示の福原さん。 
実は彼女はアトリエ第Q藝術とは意外な繋がりがありました。
我々のアトリエの建物は、日本画家、故高山辰雄のアトリエだったもの。
その高山辰雄氏は大分出身で、大分には今も「高山辰雄賞ジュニア美術展」という公募展があります。
これは大分県内の幼稚園、小学校、中学校、高校、特別支援学校の生徒を対象にした絵画賞で、1982年から開催され、毎年約10万点の応募から優賞11点、推奨1000点、佳作が選ばれ表彰、展示されるという非常に大規模な公募展なのです。
福原さんは大分出身、なんと子どもの頃、この高山辰雄賞を受賞していたのです!
そんな彼女がイラストレーターになり、今、高山辰雄のかつてのアトリエで展覧会をしているのです。
なんだかとっても感慨深いです。

 さて、この出会いを受けて、一つの疑問が生まれました。
「高山辰雄賞ジュニア美術展」はもう35年も続いているわけで、受賞者も歴代でかなりの数に登るはず。
その受賞者の皆さんは今どうしているんだろう?
もし今も美術、アートに興味があるとか、場合によっては福原さんのようにその道を進むようになったとか、そんな方がいないだろうか?
そんな方がいらしたら、ぜひこのアトリエ第Q藝術においでいただきたいなと思うのです。

そこで皆さんに呼びかけます。
このブログを読んでる皆さん、皆さんご自身、あるいは皆さんの知人友人の中に、 「高山辰雄賞ジュニア美術展」で優賞、推奨、佳作に入ったことがあるよ、という方はいませんか?
心当たりの方は是非ご連絡ください!
 
よろしくお願いします! 

このページのトップヘ