アトリエ第Q藝術 presents
Dance Vision 2018 feat.安藤祐
 
2018年8/1~8/15
 
ダンス・舞踏・身体表現の祭典。
成城学園前に昨年9月にオープンしたアトリエ第Q藝術のダンス活動です。
多くのダンサーを紹介し、またダンスの可能性を探り、アートとダンスのつながりと発展を目指します。
今回のお題は『画家 安藤祐作品の中で踊る』
場の持つ力はとても大きい。作品の中にいるダンサーは如何に。
企画・照明:早川誠司(アトリエ第Q藝術)
 
各回入替限定40席/予約優先
(各回により料金・開演時間が異なります。)
通し券1万円有り!/当日+300円
 
予約:アトリエ第Q藝術(世田谷区成城2-38-16/小田急線『成城学園前』駅 徒歩3分)
TEL:03-6874-7739
メール予約:q.art.seijo@gmail.com
HP:https://www.seijoatelierq.com/
 
安藤 祐
1943年生まれ
画家、91年 秩父山中にアトリエを構える。
個展多数。
現在も精力的に作品を作り続けている。
ーーーーーーーー
8/1(水)ユニット「肉態。」vol.1 
予約2000円 開演20:00
「肌が合わない!」my SKiN does not FiT!
 
男性女性、野性、正気狂気、すべて皮膚感覚、肌が合うか合わないか、ソレだけ
 
トマツタカヒロ 肉態/レンカ 踊り
他人のカンチガイと自らの直観で縁が起きた男女の身体ユニット、今回vol1公演より旗揚げしますが、コレ一回で解散するかもしれないので是非お立会い下さい(お客様の要望あれば続けるかも?)
トマツは精神医療、レンカは障がい者支援に関わるという背景も私たち「肉態。」にとって重要な要素の気もしますが、あくまで新手の超エンターテイメント、笑ってリラックスして観てね!
 
ーーーーーーーーーー
8/2(木)山田有浩
予約1500円 開演20:00
「螺旋歌」
 
海月なす漂へる時、葦牙の如く萌え騰る極彩の螺旋の渦中にて…
 
1983年鹿児島生まれ。音・詩・記憶を響かせる場として音楽活動を行っていたが、2011年より身体を媒介とする探求へ。岩名雅記、室伏鴻に師事。現在介護の仕事をしながら国内外で活動。ソロ作に『抵抗と歓待』(2016)、『〈孤絶-角〉』(2015)、滝や川での不定期公演のほか、室伏鴻、芥正彦、Dance Medium等の作品にも出演。大出早池峰神楽の舞手五年目。文芸誌にも寄稿多数。
 
 
ーーーーーーーーーー
8/3(金)おどるなつこ
予約2500円 開演15:00と20:00
「甲虫」
 
空間に舞い込んだ體に気づく
生身のアカペラタップソロ
 
タップダンサー・振付家
チャイコフスキー記念東京バレエ団附属学校・スタジオDUO・むごん劇かんぱにい/サーカス芸をへてタップに出会い’02年ヘブンアーティスト認定。 ARCT文化庁芸術家派遣事業、文学座所属演出家演劇振付の他、“タップで文学「砂の女」”等を連作’15年仙台市東西線開通記念事業でも上演。’10年より展開の“あしおとでつながろう!プロジェクト” ではBankART AIR2015「voix de ville まちのうた」創作上映、ヨコハマ・パラトリエンナーレ2017参加。
http://odorunatsuko.net
 
ーーーーーーーーー
8/4(土)木村由/蜂谷真紀
予約2000円 開演16:00
※夕と夜の特別セット券4000円
夕暮れのビジョン「QQものがたり」
 
木村由(dance)と蜂谷真紀(voice,objects)ならではの自由奔放かつ生命力あふれるビジョン。
アートと音と身体と・・壁の無い物語。
 
ーーー
Hugues Vincent/森重靖宗/蜂谷真紀/木村由
予約2500円 開演19:00
夜のビジョン「PARIS TOKYO 」
 
フランスから来日するcello奏者のHugues Vincent氏。
長年にわたりPARIS⇔TOKYOを互いに往き来しては絆を築いてきたHugues(cello)と森重靖宗(cello)、蜂谷真紀(voice,pf)との「音の1楽章」
そこに、木村由のダンスが初めて出会う。「ダンスと音の2楽章」
音と踊り、色んな角度でのお楽しみ・・どんな作用が生まれるでしょうか?
 
ーーーーーーーーーー
8/5(日)横滑ナナ
予約2000円 開演17:00
「狭間から」
 
体と空間の狭間 起ち昇る粒子の入口
 
東京都出身。美術、演劇活動を経て1998年ごろから踊り始める。
2004~2015年舞踏家大森政秀に師事。月1回の野外舞踏公演「ゆふつづ抄」全36回、都内各地小規模スペースでの試演を継続、2006年よりソロ活動開始、年間1~2本のソロ公演開催。
2011年度舞踊批評家協会新人賞受賞。
 
ーーーーーーーーーー
8/6(月)休館
ーーーーーーーーーー
8/7(火)岡田隆明
予約1500円 開演19:00
in and out
 
安藤祐さんの絵のトポロジカルな空間との共振を試みます。
 
1990年頃から踊りはじめる。「動くものと動かないもの」17回で終了。進行中のプロジェクト「二重の外出」21回、国立の稽古場での「場所」2回。他に、深谷正子ダンスの犬ALL IS FULLの作品参加。室野井洋子WS参加(2017年終了)活動領域はきわめて狭く、かつ閉塞しつつあり、鬱々とした日々を過ごしている。
ーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーー
8/9(木)堤 菜穂
予約2000円 開演19:00
Durga Stutz
 
女神ドゥルガーへ捧げる祈りとテクニカルピース
 
1998年より中島さち指導のもと北インド古典舞踊カタックを習い始める。
研鑽のため数度の渡印を経た後、2015年よりインド政府奨学生としてインド西部グジャラート州AhmedabadにあるKADAMB舞踊学校へ留学。カタックの巨匠Kumudini Lakhia指導のもと現地ダンサーと共にインド各地の公演に出演。2017年9月にはAhmedabadで開催されたIndo-Japan Annual Summitにおいて、日印両首相の前でパフォーマンスを披露している。
2017年10月に帰国、Nritya Anganと題してソロ活動を本格的に開始。
 
ーーーーーーーーーー
8/10(金)Maguna-tech
予約2000円 開演19:30
hide-and-seek
 
 
ノイズとダンス・舞踏をベースにした、音と身体のパフォーマンスユニット。
武智圭佑/2000年よりダンス作品を創作し始め、ノイズ演奏とダンスを融合させたパフォーマンス活動を開始。 
他振付家作品への出演、ダンサー・舞踏家への楽曲提供なども行う。 
武智博美/ジャズダンス、コンテンポラリーダンスから舞踏へ。 舞踏「小林嵯峨+NOSURI」メンバーとしての活動を経て、ソロでの舞踏作品の創作など、現在に至る。
 
ーーーーーーーーーー
8/11(土)秦真紀子
予約2000円 開演16:00
Kaleidoscope I
 
キャレイドスコープ 
捻れた万華鏡
 
秦真紀子 Makiko Hata
20才の頃モダンダンスの牧野京子に出会い、踊りの道へ。
2018年より自主企画ソロ公演「蕾の肌理」シリーズを開始。
多くの作品やコラボに刺激を受けながら自分の踊りを模索中。
ーーー
秦真紀子/吉本裕美子
予約2000円 開演20:00
Kaleidoscope II
夜は秦真紀子と吉本裕美子のデュオ
 
吉本裕美子 Rumiko Yoshimoto
2006年よりエレクトリック・ギターの即興演奏を開始。
これまで国内外15カ国30以上の都市にて演奏。
 
ーーーーーーーーーー
8/12(日)川合ロン
予約2000円 開演19:00
 
 
1985年生れ。早稲田大学第二文学部卒。
ダンサー。山田うん、鈴木ユキオ、小野寺修二、北村明子、加藤みや子、インバル・ピント&アブシャロム・ポラック、池田扶美代等国内外で活動する振付家・演出家の作品に多数出演。国内および海外ツアーにも多数参加。多くのミュージシャンや、画家、美術家とのコラボレーションも多数。また甫木元 空監督の映画『はるねこ』にも俳優として出演する等幅広く活動を展開している。
 
ーーーーーーーーーー
8/13(月)田村のん
予約1500円 開演15:00と19:00
スイソウ ~波より~ 
 
以前夏に行なっていた即興『波』を安藤さんとのコラボで挑戦します
 
2004年より舞踏を踊り始める。小林嵯峨、上杉満代に師事。劇場の他、美術家や音楽家とのコラボレーションなど美術館やギャラリーなどでも踊る。初ソロ公演作品『月長石』にこだわりながらも作品を発表。以前よりコラボしてみたかった安藤さんの作品とともに呼吸を体に吹き込み空間と他者との関わりを感じて踊りたいと想います。
 
ーーーーーーーーーー
8/14(火)水越朋
予約2000円 開演17:00と20:00
トロエル
 
まだ見ぬ穴を掘ることにした。
 
​​​1988年生まれ。桜美林大学卒業。在学時より木佐貫邦子に師事。
卒業後笠井叡作品に多数出演、国内外のツアーに参加。
その他笠井瑞丈・上村なおか・北尾亘・伊藤千枝などの作品に出演。
14年よりソロダンス活動を開始。
横浜ダンスコレクション2017コンペティションⅠ ファイナリスト。
動作の本質・特性を掘り下げていく作業から身体と向き合い作品を作り出す。
ダンス、演劇、映像作品など多岐にわたり活動中。
 
ーーーーーーーーーー
8/15(水)米澤一平/藤平真梨
予約2000円 開演14:00と17:00と20:00
 
coffee, cigarettes and flowers
 
we will meet somewhere…
 
米澤一平:TAPDANCER。熊谷和徳KazTapConpany所属。アーティストとしてソロ活動他、音楽家やダンサーとの共同作品や即興パフォーマンス等多岐に渡り活動展開中。
藤平真梨:2016年まで下村由理恵バレエアンサンブル所属。その後ソロの活動を開始。鉄工島フェス、キモノサローネ等幅広く活動。sai dance festival2018優秀作品賞受賞。Dancénsemble主催。

完成版omo
完成版ura