アトリエ第Q藝術の旅

小田急線、成城学園前駅のほど近く。 多様な創作活動のための空間、アトリエ第Q藝術。 1階ホール、地下セラールーム、2階カフェギャラリーの3つの空間があります。 そんなアトリエの過去の記録、現在の様子、今後の予定などを発信していきます。 文芸、音楽、絵画、演劇、建築、彫刻、舞踏、映画 ≦ 第Q藝術

2020年05月

皆さま、ごぶさたしております。
アトリエ第Q藝術です。
 5月いっぱい休館と発表して、音沙汰なしになっておりました。
そして先日、唐突にひとつ前の記事のような発表をしました。
説明が足りなくてごめんなさい。
6月を前にして、今、我々はできるところからちょっとづつ、活動を再開していきたいと思っています。

しかしそれは、世の中の状況を無視して、やりたいことをやる、ということではありません。
我々の活動の中心にしてきたのは、ホールでありセラーでありギャラリーです。
どれも人を集め、集まった人たちに表現を見せる。その場や時間を共有する、という活動です。
今、いわゆるコロナ禍と言われる状況が、徐々に沈静化してきているといっても、その中で以前のようにただ人をその場に集める努力だけでいいのだろうか?
こんな時こそもっと新しく、表現の場を広げていく活動をしていくべきではないか?

そんなことを考え、手探りで色々と模索している時、「無観客配信ライブ」という形で発信したいので場を提供して欲しい、力を貸して欲しいというお声がけをいただき、急遽「未曾有」というライブを行うことになりました。
 
https://igostudio.zaiko.io/_item/326124
こちらから24日20:30までにチケット購入していただければ、ご覧いただけます。(有料)

また、今我々がどんなことを考えているか、座談会のお声がけをいただき、少し喋らせていただきました。
https://note.com/hama_project/n/na7d20c782cf7 

もちろんライブが我々の活動の中心ではありますが、それを中心にしてもっと違う発信の仕方にも対応していきたいし、そのためのお手伝いをしたい。というのが今の我々の考えです。

そういう活動を模索している方、発信する場を探している方がいましたら一緒に考えていけたら、と思います。
そんな活動を、ちょっとづつ、6月から始めていければと思っています。
以前のように毎日全開で動くという段階ではまだないのはもちろんですが、4月5月のように自粛して今は籠る時期、という期間は過ぎたように思います。
とはいえ、やりたいから迷惑かけてもやる、というのではなく、やる人、みる人、周囲の人、みんなが納得できる方策を探しながら、進んでいければと思います。

決まったスケジュールは随時カレンダーを更新していきますのでそちらをご覧ください。
カフェはまだ毎日オープンできる状況ではありませんが、ホールやセラーで出し物がある日は、コーヒーぐらいはお出しできるようにしていきたいと思っています。

アトリエ第Q藝術、二度目のオープンです。
また、よろしくお願いします。 

コロナ危機、表現活動を生業にしているものにとっては、未曾有の時が急にやってきた、。
全ての場は閉ざされ、活動を自粛せざるを得ない状況、。
が、しかし、このまま黙ってるはずがなく、各々動き出している、。
そして、ここにもまた自らの道は自ら切り開こうとする表現者がいる。
うまくいくかわからない、でも最大限に今できることを発進しようと試みる、。
そして、責任を取る。
沢山の人に見ていただきたい。何か感じて欲しい。
ぜひチケットを買って、応援してください。(アトリエ第Q藝術 早川)

『未曾有mizou 』5/20水曜日オンライン有料生配信!
20:30スタート
Dance : 加賀谷 香 / ナオミミリアン
Music : 坂出雅海
Space Design : 日下部泰生
Cinematographer : 石田英範
Cooperation: 早川誠司(アトリエ第Q藝術)
ーーー
FBイベントページ
チケットURL
PV

このページのトップヘ