皆さま、ごぶさたしております。
アトリエ第Q藝術です。
 5月いっぱい休館と発表して、音沙汰なしになっておりました。
そして先日、唐突にひとつ前の記事のような発表をしました。
説明が足りなくてごめんなさい。
6月を前にして、今、我々はできるところからちょっとづつ、活動を再開していきたいと思っています。

しかしそれは、世の中の状況を無視して、やりたいことをやる、ということではありません。
我々の活動の中心にしてきたのは、ホールでありセラーでありギャラリーです。
どれも人を集め、集まった人たちに表現を見せる。その場や時間を共有する、という活動です。
今、いわゆるコロナ禍と言われる状況が、徐々に沈静化してきているといっても、その中で以前のようにただ人をその場に集める努力だけでいいのだろうか?
こんな時こそもっと新しく、表現の場を広げていく活動をしていくべきではないか?

そんなことを考え、手探りで色々と模索している時、「無観客配信ライブ」という形で発信したいので場を提供して欲しい、力を貸して欲しいというお声がけをいただき、急遽「未曾有」というライブを行うことになりました。
 
https://igostudio.zaiko.io/_item/326124
こちらから24日20:30までにチケット購入していただければ、ご覧いただけます。(有料)

また、今我々がどんなことを考えているか、座談会のお声がけをいただき、少し喋らせていただきました。
https://note.com/hama_project/n/na7d20c782cf7 

もちろんライブが我々の活動の中心ではありますが、それを中心にしてもっと違う発信の仕方にも対応していきたいし、そのためのお手伝いをしたい。というのが今の我々の考えです。

そういう活動を模索している方、発信する場を探している方がいましたら一緒に考えていけたら、と思います。
そんな活動を、ちょっとづつ、6月から始めていければと思っています。
以前のように毎日全開で動くという段階ではまだないのはもちろんですが、4月5月のように自粛して今は籠る時期、という期間は過ぎたように思います。
とはいえ、やりたいから迷惑かけてもやる、というのではなく、やる人、みる人、周囲の人、みんなが納得できる方策を探しながら、進んでいければと思います。

決まったスケジュールは随時カレンダーを更新していきますのでそちらをご覧ください。
カフェはまだ毎日オープンできる状況ではありませんが、ホールやセラーで出し物がある日は、コーヒーぐらいはお出しできるようにしていきたいと思っています。

アトリエ第Q藝術、二度目のオープンです。
また、よろしくお願いします。