9月の声を聞いた途端、急に涼しい風が吹いてきました。
そのせいというわけでもないでしょうが、スタッフの早川がちょっと体調を崩してしまいました。
皆様は季節の変わり目に風邪などひきませんよう。

さあ、アトリエ第Q藝術もオープンまで後わずか!準備に大忙し!中でも今一番大変なのが2階のカフェ&ギャラリーに関してです。
まずは肝であるアトリエ部分をきちんと準備、カフェ&ギャラリーはそれから………、なんて言っていたらいよいよオープンが近づいてきちゃっててんやわんやです。

では2階の施設はどこまでできているのか?
IMG_1014
どうです、だいぶカフェらしくなってきたでしょ?
厨房の設備も発注済み、客席のテーブルや椅子、食器類も購入済み。
ギャラリーとして、絵や写真を飾ることを前提に、壁面も増やして色も白に統一しました。
カフェ&ギャラリーの名前は「Quo vadis」。
クオ・ヴァディスと読みます。
聖書に由来する言葉で同名の古典小説もあります。
意味は「どこへ行くのか?」
様々なアーティストの様々な世界をご覧いただくお店という意味を込めて名付けました。

「カフェ&ギャラリー Quo vadis」
こちらもオープンはアトリエと同じ9月9日の予定です。

しかし、ギャラリーというからには展示する作品がなくてはいけません。
というわけで、9日から、こけら落とし展覧会を開催します。
image1
それが、工藤大輔個展 「REGINA」です。
9月9日〜9月30日 毎日14時〜18時
入場料金はありませんが、カフェですのでご注文をお願いします。
アトリエのこけら落とし同様、こちらもどうぞご期待ください。

………なんですが、本当の本音を言えば、9日にカフェの開店が間に合うか、ギリギリの情勢です。
というのも、仮に準備が間に合ったとしても、保健所の営業許可が取れるか?という問題もあるわけでして、自分たちの努力だけでどうにかなる問題でもなかったりもするのです。
もし開店が間に合わなかったら?
その場合でも、9日より展覧会は開催します。ただし、カフェ営業はナシってことになるかもしれません。
その場合はどうぞお許しください。
ともかく、全力でその日まで(いや、その後もですが!)頑張ります!

今後ともよろしくお願いします!